クライアンテリング

ミモザの日

今日はミモザの日。
 
明るいイエローが鮮やかに春を告げる、ミモザ。
小さなポンポンが集まったように咲く姿が可愛らしく、元気をくれる花ですよね。
大好きなお花です。
 
そんなミモザは、3月8日の国際女性デー(ミモザの日)で女性に贈られるお花でもあります。
 
Louis Vuitton贔屓になってしまいますが・・・
新作のそんなミモザが使われた「Heures d’Absence(ウール・ダプサンス)」は、贅沢なグラース産のジャスミンやセンティフォリアローズ(5月にしか咲かない薔薇メイ・ローズ)など繊細なお花が使用されています。
 
ミモザの日にちなんで、ミモザが使われたこのフレグランスに「感謝」という花言葉を乗せて、奥様やお母さんに差し上げるなんて、オシャレかもしれません。
 
天才調香師 ジャックキャバリエが作るルイ・ヴィトンフレグランスの世界を皆さんにもぜひ体験してもらいたいです🕊
 
 
と、ミモザの話はこれくらいにして・・・
 
 
お客様に何かギフトをご提案するとき、その製品にまつわるストーリーを交えたりすると、差し上げる方もいただいた方も嬉しいですよね。
 
ただ「フレグランスをギフトにどうですか?」よりも、
 
「このフレグランスはミモザが使われています。
今日はミモザの日でお母さんや奥さんなど女性に感謝を伝える日なんです。
ミモザが使われたこのフレグランスに「感謝」の言葉を乗せて差し上げたら喜ばれますよ。」
 
ストーリーを乗せると、そこにある製品が全く別のものに見えてきます。
 
店舗にわざわざ足を運んで製品を購入する価値はそこにあります。
 
インターネットでは体験できない、販売員さんの言葉だったりストーリーだったりがそこにはあります。
 
なんでもインターネットで購入できる世の中ですが、店舗でこういう体験を提供できるスタッフの人に何度でも会いに行きたいですよね。
こういう1つ1つがお客様は特別に感じていただけて、リピータに繋がっていきます。
「またこの人に会いたい」「またこの人から買いたい」
そう思ってもらえるためには、こういうちょっとしたお客様に喜んでいただけるストーリーの積み重ねだったりします。
#mimosa
#LOUISVUITTON
#LOUISVUITTONFRAGRANCE
#ウールダプサンス
#販売員
#ブランド

獨協大学外国語学部英語科卒業。 2001年、ルイ・ヴィトンジャパン株式会社 入社。 2019年にトップパフォーマー兼スペシャリストに認定。 全国1500名の販売員中、数名のみのタイトル兼任タイトル者として活躍。 LEATHER GOODSのEXPERTはもちろん、SHOES EXPERT、FRAGRANCE SPECIALISTを経験し、2015年にはW&J、LEATHER GOODS、SHOESの3カテゴリーのEXPERT基準を達成し表彰。 約150名の顧客を保有。顧客保有数全国1位になり、日々アポイントが絶えずご来店いただいてきた経験から、これからの時代に、よりお客様に長きに渡ってリピートしてくださるお客様を作ることができる販売員さんを育てたいという思いから、2020年2月末、ルイ・ヴィトンジャパンを退社。『永久リピート顧客の作り方』オンライン講義公開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)